• ホーム
  • 最新情報
  • 企業向け情報
  • 研究者向け情報
  • 一般の方への情報カルニピュア
  • ブログ
  • お問い合わせ

L-カルニチンのアプリケーション

特別な食事をする人のためのL-カルニチン/ベジタリアン(菜食主義の方)

ヒトでのL-カルニチンの1日必要量は、食事と生合成によって満たされています。 主として動物由来の、L-カルニチンの豊富な食物を含むバランスのよい食事だけが、 生体に1日300mgまでのL-カルニチンを供給することができます[6]。

厳格なベジタリアンでは、その食物選択により、 食事からのL-カルニチン摂取が減少します。さらに、植物はL-カルニチンの生合成に必要な2種類のアミノ酸、 すなわちメチオニンとリジンの含有量が少ないため、生合成もフル操業では行われないかもしれません[38]。 特に、L-カルニチンを含まない食餌を7ヶ月にわたり与えられたラットでは、血漿および組織中のL-カルニチン濃度が約50%低下しました[39]。 ラクトオボベジタリアン(卵乳菜食主義者)または厳格なベジタリアンの食事を何年もの間続けている人では、 血漿L-カルニチン濃度と尿中L-カルニチン排出量の低下が報告されています[40]。

これらの研究結果を考え合わせると、ベジタリアンはL-カルニチンの補給を積極的に考慮される価値があります。 因みに、ロンザ社のL-カルニチン製品の生産では、動物性製品も動物由来の生物学的製品もまったく使用しておりません。

▲ ページトップへ

  • L-カルニチンのアプリケーション
  • L-カルニチンと運動
  • 運動性疲労と回復
  • L-カルニチンと体重管理
  • L-カルニチンと心臓血管系の健康
  • 母と子のためのL-カルニチン
  • ベジタリアン
  • 疲労
  • 健康な脳機能
  • 免疫系
  • 男性の生殖能力
  • 引用文献(PDF:260KB)
  • カルニピュアTM文庫(ロンザジャパンによるL-カルニチン総説集)
  • 企業向け情報
  • L-カルニチン概要
  • ロンザ社のL-カルニチン製品
  • カルニピュアTMについて